大人の保健体育 - レズ3P

Home > レズ3P



大人の保健体育のすべてのつぶやきTaizoh_Taizohの過去のつぶやきを見る 泰蔵のすべてのつぶやきSMxTaizohの過去のつぶやきを見る

レズ3P Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泰蔵の大人の保健体育
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

実話レズ3P

ソファーの上で後手・M字開脚で緊縛されアイマスクとイヤーパットで視覚と聴覚を奪われ生贄の様に晒されたJ美。

曝け出された足の付け根からアナル向かって滴り流れる淫らな透明な汁。

オルガスターを差し込まれたK美が身動きの取れないJ美の前に四つん這いになり淫ら汁をアナルからクリトリス
へと舐め上げる。

K美の舌の感触にJ美の身体がビクンと反応し淫らが声が漏れた。

何度も何度も舐め上げ、溢れ出す透明な汁をクリトリスにすり込んでいく・・・

K美の舌から与えられる押し寄せる快感で、縛られた身体をよじりながら喘ぎ始めるJ美。

「J美ドコがいぃ?」

「クリトリス・・・」
「クリトリスがいぃ~」


「誰に舐めてもらってるんだ?」

「K美さん」
「K美さんに舐めてもらってるの・・・」


「同性に舐めてもらっても気持いぃだろ」

「はぃ」

「K美」
「お前に舐めてもらってJ美が喜んでるぞ」
「イクまで舐めてあげなさい」


「はぃ」

クンニで硬くなって剥き出されたクリトリスの包皮に両方の親指を添え、押し開き更にクリトリスを剥き出し吸いながらクリトリスに舌を絡めるK美

「あぁ~」
「ダメぇ~」
「いぃ~」
「いぃ~」
「気持いぃ~」


「J美イキたいか?」

「イキたい」
「イキたいです・・・」


「イキたかったら」
「きちんとお願いした方がいいぞ」


「イカせて・・・イカせてください」

「俺にお願いしてもイカせてもらえないぞ」
「俺は鑑賞させてもらってるだけだ・・・・」


「お願い」
「K美さん・・・・」
「イカせてぇ」


J美に懇願されクンニしながら二本の指を差し込むK美

K美の指と舌でJ美の声は更に大きくなった。


K美の指と舌で牝の本能に火がついたJ美のアナルは、K美の唾液と己の愛液で潤っていた。

「ダメぇ~」
「いぃ~イッちゃうぅ~」
「いぃ~」


クリトリスに吸い付き舌を絡めながら、二本の指は中からクリトリスの方向をゆっくりと押すように動いている。

声にならない声で喘ぎ続けるJ美・・・・

「いぃ~」
「本当にイッうちゃうぅ~」
「あぁ~」
「ダメっ・・・」
「ダメぇ~」
「イクぅ~」


「K美、ダメって言ってるから止めてあげな」

K美は、クリトリスから唇を離し蜜壺から指を抜き取った。

J美は、硬直した身体の力を抜き息を整えている・・・

「イカせてってお願いしたのにダメって言うから止めさせてあげたよ」

無言のまま下半身の淫らな口を収縮させながら何も言えないJ美。

J美を放置し、K美の股間に差し込まれたオルガスターのスイッチを一気にMAXまでスライドさせる。

オルガスターBIGエラストマー
オルガスター詳細 クチコミ39件


「うっ・・・うぅぅ~」

J美の淫らな汁で光っている唇を震わせ喘ぎ始めるK美。

「締めてごらん」

「あっ・・・」

「締めてごらん」

「あぁ~」

「もっと締めてごらん」

「いぃ~」

「J美・・・勝手にイクなよ」

「はぃ」

動き続けるオルガスターを差し込んだまま何度も何度も締める事を命じてやる。

単調なバイブレーションと締める事により得られる快感で徐々に昇り始めるK美。

電マにゴシックタイプ1を装着しK美に手渡し「これを使え」と目で伝えてやるとオルガスターを抜き取りゴシックタイプ1をゆっくりと沈めていくK美。

ゴシックタイプ1
ゴシックタイプ1詳細 クチコミ9件


緊縛されたJ美の前でゴシックタイプ1の竿の部分を奥まで差し込み突起の部分をクリトリスにピッタリあてている。

「入れるよ」

そぅ言って電マのスイッチをHiにし暫くそのままの状態で我慢させた・・・・

押し寄せる快楽の波に耐え切れなくなったK美は、電マを大きくスライドさせ潤みきった淫らな口をズボズボと往復させ淫らに喘ぎ始める。

「あぁ~」
「うぅ~」
「いぃ~」
「イキそぅ~」
「あぁ~」
「いぃ~」


徐々に昇っていくK美。

「お前の舌と指でイクのを嫌がったJ美にイクところを見せてあげなさい」

俺はそぅ言ってJ美のアイマスクを外してやる。

自分の目の前で大きく足を開き電マでオナる同性を見る事も同性にオナニーを見られる事も始めての二人のM女・・・

アイマスクを外されたJ美は目の前でオナり喘ぎ続けるK美を見ることが出来ずにいる。

「J美・・・ちゃんとちゃんと見てな」
「目をそらしたらイカせてもらえないよ」


無言で見つめるK美。

「J美・・・K美がお前のオマンコ見て感じてるぞ」
「イクところを見てもらいな・・・」
「我慢しないでイッていぃんだよ」


「うぅ~」
「あぁ~」
「ダメぇ~ダメぇ~」
「見ないで・・・・」
「あぁ~」


「イッてごらん」

「いぃ~」
「あぁ~」


「もぅイッてるだろ」
「さっきから腹筋がパンパンに張って全身がガクガク震えてるぞ」


「あぁ~」
「いぃ~」
「イッてる・・・」
「イッてる・・・」
「あぁぁ~」

縛られたJ美の前で淫らにイキ続けるK美

「抜くなよ」
「まだ抜いちゃだめだぞ」
「クリトリスからも離しちゃダメだぞ」


「あぁ~」
「ダメっ・・・」
「またイクっ」
「またイクぅ~」
「うぅ~」


全身を震わせイキ続けるK美・・・
それを見つめるJ美・・・

羞恥心を払拭され牝と化した二人のM女

電マオナニーで全身を震わせイキ続けるK美・・・
それを見つめるJ美・・・

イク寸前でK美のクンニを止められたJ美はイキ続けるK美を羨ましそうな虚ろな目で見つめている。

「J美イキたいか?」

「はぃ」
「イキたぃです・・・」


「今度はイヤって言うなよ」
「イヤって言ったらまた止めるよ」


「はぃ・・・」

K美の電マをコンセントから抜き取り再びJ美を責めさせる。

「K美、J美もイキたいらしいからもう一度舌でイカせてあげなさい」

「はぃ」

K美は、再びJ美の股間に顔を埋めクリトリスを吸出し、舌を絡ませながらで転がし始める。

「ううぅ・・・」
「いぃ」
「気持いぃ~」
「あぁ~」
「うぅ~」


イク寸前で止められ途絶えた快感は、K美のクンニですぐに蘇り、K美の柔らかい舌に酔いしれ徐々に昇っていくJ美

室内には、J美の喘ぎ声とK美の口元から発せられるピチャピチャと言う淫らな音色

「ああぁ~」
「気持いぃぃ・・・」
「いぃ~」
「あ~ダメっダメ~」
「出ちゃう・・・出ちゃうよぉ・・・」


K美のクンニで湧き水の様に少しづつ溢れ出しダラダラと潮を垂らしながら昇るJ美

「K美、中にも欲しそうだから指を入れてあげなさい」

「はぃ」

K美は、クリトリスに舌を絡ませながら淫らに収縮するJ美の蜜壷に細い指を一本づつ順番に差し込んでいく。

「J美、K美の指が四本入ってるぞ」
「気持ちいぃだろ」
「どこが気持ちいぃ?」


「いぃ・・・」
「クリもオ○ンコもいぃ~」
「あぁ~」
「うぅ~」
「いぃ~」
「全部いぃ~」
「うぅ~」


「K美もっと気持ち良くさせてあげな!」
「四本の指を恥骨に向かって曲げてゆっくりリズミカルに押上ながらクリトリスをもっと舐めてあげなさい」


「はぃ」

K美の舌と指の動きにすぐに反応するJ美

「ああぁ~」
「いぃ~」
「ダメっ」
「ダメ~っ」
「出るっ・・・出るぅ~」
「出ちゃうよぅ~」


湧き水の様に少しづつ溢れ出していた透明な液体は、K美の四本の指の動きに合わせてビシャビシャと勢い良く吹きはじめた。

「いぃ~」
「イクっ・・・イクっ・・・イクぅ~」
「あぅ~」


K美の舌と指で身体をガクガク震わせ潮を吹きながらイキ続けるJ美。

レズ3Pの時にいつも思う。

絡み合う女は美しい・・・




レディコミ書いてる漫画家さんで俺の実話を元に書い絵を描いてくれる方はいませんかぁ~?

泰蔵の大人の保健体育

レズ3Pで縛られた話

今迄何度も経験したレズ3P!

レズ経験のある女性も居れば、レズ経験のない女性も居た。

レズ経験のある女性は流石に慣れているというか、見ていて上手いなぁと思う。

Kissだけを見ていても丁寧にゆっくりと雰囲気を作って、相手の女性を快楽の世界へと導いていく。

以前、都内のシティホテルでのレズ3Pの時に縛られて事がある。

「泰蔵さんは、見てるだけね」

「我慢できるかなぁ?」

「たぶん我慢できないと思うからベッドに縛って動けないようにしていぃ?」

「えぇ~っ」
「俺が縛られるのぅ?」


「いつも縛ってばかりなんだからたまにはいぃでしょ」

「・・・・・」

ベッドに寝かされ手足を広げて大の字にベッドに縛られた。

「どぅ?動けないでしょぅ」

「うん・・・」

縛られた俺をほったらかしにしてツインルームのもぅ片方のベッドの上で、二人の女性がKissをしながらバスローブの紐を解き二人の身体が露になっていく。

絡み合う舌が離れ、唾液で輝く唇が耳へと移り、その後首筋から肩へと移動し、とてもゆっくりとしたスピードで肩から指の方へ舌は這っていく。

指を一本一本丁寧にしゃぶり、指の股へ差し込まれる舌。

静まり返った室内に響く指をしゃぶる音と艶っぽい声と溜息。

時折、縛られた俺に潤んだ視線を送りながら二人で楽しんでいる。

身体を入替え愛し合い続ける二人の女性を縛られた状態で見ている俺はバスローブを持ち上げギンギンに硬くなっている。

絡み合う身体を離し、俺の方へお尻を向け四つん這いにした。

女性の下に潜り込みクンニを始める。

剥き出されたクリトリスを丁寧に舐める様子が目に飛び込んでくる。

実に淫らな空間だ・・・・

喘ぎ声とクンニのピチャピチャといぅ淫靡な音・・・・

たぶんお互いがイクまで続くのだろぅ

そぅ思い眺めている俺のベットの方へ移動する二人。

「もぅ我慢できないでしょぅ」
「二人で悪戯していぃ」


「えぇ~」

「だってこんなになってるわよぅ」

そぅ言って二人はバスローブをめくり舌を這わせる。

「今日は悪戯していぃ?」

「もぅ悪戯してるじゃん!」

「もっと悪戯していぃ?」

「もぅ解こうよ~」

「まだダメぇ~」

いつも縛って虐めているのに縛られると妙な気分だ・・・・・

全身を這う二枚の舌。

逃げたくても逃げられない。

イキたくてもイケない。

入れたくても入れられない。

お願いだからイカせてくれぇ~って叫びたぃ気分。

鼓動が高鳴り息が荒れ始めいつしか俺は感じていた・・・

読者さんでレズ経験のあるお姉ちゃんはいるのかなぁ? 泰蔵の大人の保健体育

はじめてのレズ3P

生まれて始めて目の前で絡み合う女性達をを見たのは9年前。

サイト上でC美の相手を募集をしたら一人の女性からメールが来た。
今迄、レズの経験は無いが興味津々だと言ぅ!

約束の待ち合わせ場所に二人を迎えに行き早速ホテルへ直行・・・

しかし、3人で入れるホテルはなかなか無い。
思ったより苦戦し、やっとの思いで5割り増しで入室OKのホテルを確保。

3人で乾杯し少し雑談!

初めての事でいつもと勝手が違い、なかなかスタートがきれない。。。

「取り合えず二人でシャワーでも浴びてくれば・・・・」と二人にシャワーを浴びるように促し、一人ゆっくりビールを飲みながら作戦おえ練る!

シャワーを浴び終えた二人は、何故か和気藹々^^;

緊張して気を使っているのは俺じゃん!

と、思いながら飲んでいると・・・・・・・・

そぅこぅしている内に何となく始まって、気が付くソファーの上で絡み合っている。

生まれてはじめて見る女性同士の絡みに肉暴君は元気100倍^^;

数分が経ち相手の女性のクリトリスに吸い付いているC美・・・・

相手の女性は、段々と息遣いが荒くなり、次第に呻き声を出し始める。

C美にローターとティルドを渡し尚も責めさせる。

C美も初めての経験とあって、責め方はぎこちないが相手の女性は間違いなく感じている様子だが、イクまでは至っていない様だったので二人をベッドに移し、今度はC美を責めさせる。

自ら両足を抱えM字開脚したC美の蜜壷からは淫らな蜜が溢れ出していた。

ベッドで絡み合ってから数分後、相手の女性の唇がC美のクリトリスへと届くと、一瞬カラダを震わせ激しく反応するC美。

その後、執拗に吸い付かれC美は始めて女性にイカされてしまった。

一度、イカされて箍が外れたC美は快楽を貪るように相手の女性の後頭部を押さえ離そうとしない・・・・・

ローター渡してやると、C美のクリトリスから唇を離しローターをクリトリスへ当てながら二本の指をC美の蜜壷へ・・・・・

女性の指は、C美の蜜壷の中でゆっくり動いている。

ローターと指に責めで激しくいイキ狂うC美の蜜壷は彼女の指を四本飲み込んでいる。

彼女の指にローションを垂らし尚も責めさせると五本の指を呑込みとしている。

これには、流石の俺もビックリ!

女性の手は小さくていぃなぁ~と思ってしまった^^;

その後、四つん這いになり双頭バイブを差し込んでいつまでも動き続けていた!

女性同士の絡みは淫靡で美しい・・・・・

あれ以来すっかりレズプレイにハマッてしまったオイラである^^;


レズ動画リンク集

泰蔵の大人の保健体育

Home > レズ3P

Page Top

#
調教LOVE・村澤泰蔵・大人の保健体育・大人のおもちゃ体験談・潮の吹かせ方・アナルの責め方・M女の育て方・実話・SM・緊縛・調教・アナル開発・ポルチオ開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。